マウスコンピューター/G-Tune

2018年02月01日

タミヤ TA-07R 3月発売決定!

噂されていた、タミヤのTA-07Rが3月に発売決定となりました。


TA-07R


tamiyata-07r.jpg


定価 ¥52000 (税別)RC限定商品です。

これがあれば、タミチャレもタミヤグランプリも両方参加できますし

あと付けオプションもいらないと思います。
posted by ヘリオス at 15:48 | Comment(0) | タミヤ ラジコン

2018年01月27日

ミニッツ F1にVE基板!!ブラシレス化!!追加編!!

2016年1月29日の記事で、ミニッツF1をブラシレス化しましたが、なんと

間違って削除してしまいました。

そこで、 今回は、前回よりももう少し簡単に交換できる手順をお知らせいたします。



1.シャーシからブラシ基板を外す。

ミニッツF1ブラシレス

矢印の部分を外し、基板を外します。

この時、ポテメとスイッチ部分のカバーは外しません。


2.基盤を裏返して、ポテメの配線とスイッチの配線を半田ごてを使い外します。
  すると、基板が外れます。


3.取り付けるAWDプロ基板(品番MD210)のポテメ、スイッチ、サーボモーターを外します。


4.ステアリングのモーターの+、−を逆にし、ポテンションメーターの配線のオレンジと
  グリーンも逆にして、半田ごてで基板に取り付け、後は元通りに組んで、終了です。


前回と何が違うのかというと、ポテメとサーボモーター、スイッチ部分のカバーを外す必要がないので

組む時にとても面倒くさい、ポテメとサーボモーターの取り付けをしなくて良くなる事と、


配線を残すので、わざわざ用意しなくても、残った配線をそのまま使用できるという利点もあります。

ミニッツF1説明書


もちろんPRO基板化して余っているMR-03VEも使用できます。


それでは、また

posted by ヘリオス at 22:56 | Comment(0) | ミニッツ

2018年01月26日

ミニッツ マシンギャラリー更新!!

ミニッツ マシンギャラリーの更新です。

最初はdriftのtanakaさんのS15から!!

マシンギャラリー

マシンギャラリー

マシンギャラリー

マシンギャラリー

マシンギャラリー

ボディはプラモホイールも純正加工&なんと!!デフギヤも自作!!!
ギヤ比を変えていて、ケツカキ仕様です


続いては マツダ デミオ

マシンギャラリー

マシンギャラリ−

マシンギャラリ−

エアロはガレージHIRO製のVer2

こちらはもう一人のtanakaさんに頼まれて私がいつもの缶スプレーで塗装しました

・・・で、先ほど納車したのですが、オートスケールと比べると何かが違う・・・

よく見ると、リヤウイングの形状がホワイトボディの方が大きい

マシンギャラリー

マシンギャラリー マシンギャラリー

調べてみると多分・・・マツダスピード製と同じ。

こちらのウイングの方が・・・良いようですよ。

エアロが付いただけで、走りもロスなくタイムもあっという間に更新!!

エアロ・・・いいです

それでは次回・・・また
posted by ヘリオス at 23:09 | Comment(0) | ミニッツ!マシンギャラリ−

2017年12月20日

ミニッツ マシンギャラリー更新!!

ミニッツ!マシンギャラリーの更新です

最初はkuniyaさんの180SXから

マシンギャラリー マシンギャラリー

マシンギャラリー マシンギャラリー

自作電飾、ライトは電動で開閉可能しかもタッチセンサー付きで、ボディに触れると点滅の仕方が変わると言う、
知識のない私にはますますunbelievableな世界
に突入しています。



続いてはmakinoさんのトヨタ86


マシンギャラリー マシンギャラリー

マシンギャラリー

makinoさんのクラック塗装( ^ω^)・・・今までより細かなところにも手が入っていてカッコイイです


次はミニッツAWDでドリフトのtanakaさんのスープラ

マシンギャラリー

マシンギャラリー

ボディはプラモデルです、レッド一色ですが、tanakaさんのすごい所は、ホイール、エアロが
自作なんです。

今回のは、ホイール( ^ω^)・・・ ミニッツ用ホイールには無いリムの張り出し方が実車っぽいです。


最後はmiuraさん作のマクラーレン

皆さんそれぞれのメインカラーがあり、今回もそれぞれの方用にボディを新調しました

まずはmiuraさんカラー

マクラーレン (5).JPG

gotoさんカラー

マクラーレン (1).JPG

そしてyamaguchiさんのニューバージョンカラー

マクラーレン (6).JPG

マクラーレン (2).JPG

マクラーレン (4).JPG

今回は、それぞれぼデイの重さが0.何グラムという単位で違っていて
3台それぞれの動きを皆さんで走って確認していました

今回は以上です。

それでは、次回また

posted by ヘリオス at 15:34 | Comment(0) | ミニッツ!マシンギャラリ−

2017年12月01日

ミニッツ マシンギャラリー更新!!

ミニッツ マシンギャラリーの更新です


最初は、tanakaさんのR35


マシンギャラリー マシンギャラリー   


マシンギャラリー

AWDのNEWシャーシキット購入に合わせて、ボディも用意!!

今は発売されていない、ヒロのエアロを付けた迫力のボディ

ホイールはモチロン、ロンシャン!!引っ張りタイヤで


続いては、yamaguchiさんの180SXと、ロードスター


マシンギャラリー

マシンギャラリー


マシンギャラリー

マシンギャラリー  マシンギャラリー


こちらもドリフト用

180SXはゼロ戦をイメージインパクトがあり格好いいのですが、ウレタンだと少し見えにくい( ^ω^)・・・とのことです。

ロードスターの方がドリフトには向いているかも


最後はkuniyaさんのR35


マシンギャラリー

マシンギャラリー

自作電飾しかもスロットルに反応して点滅が変化します

プログラムも自作です。最近ではタッチセンサー付きなんて言うのも作っています。次の車は空を飛ぶかも( ^ω^)・・・

今回は以上です。それではまた
posted by ヘリオス at 19:30 | Comment(0) | ミニッツ!マシンギャラリ−

2017年11月28日

イチヤレース

ミニッツカップとタミヤグランプリも終わり、大きなレースは一段落しました。

・・・が大きなレースイベントがない中、何をして楽しもうかと、皆で考えた結果

出てきた案は、タミヤのTT−01、TT02シャーシ限定でオプションも最小限に、

イチヤレース

タイヤはタミチャレタイヤ、モーター、電池はタミヤのブラシレスとリフェ

イチヤレース

という縛りでレースをやってみようと言う事になりました。

ボディは、悩んだ末、国産旧車限定が良いとなり、そうなるとタミヤ以外もOKにしよう
と話が進み、タイヤはボディとツライチに(ここは譲れず

で、決定しました。


ホイールは24mmではツライチにはならない為、24mmのタミチャレタイヤを
26mmのホイールで引っ張りとりあえず、手持ちのボディに合わせてみました。

イチヤレース

一部塗装 

イチヤレース イチヤレース

イチヤレース
ホイールは他メーカーのドリフト用でカッコイイのがあったのですがたまたま見つけたタミヤのホイールが26mmでしかも結構カッコ良かったのでそれを装着しました。

そして、そのレギュレーションで、車を作ってみました。

イチヤレース イチヤレース

イチヤレース (11).JPG

アルミハブは6mm、ホイールは26mmでオフセットは+4。

タイヤは、もう少し出ても良いかも( ^ω^)・・・

・・・さて、今度は本番ボディを作ってみます。


Oisix(おいしっくす)
posted by ヘリオス at 17:07 | Comment(0) | レース&イベント

2017年11月11日

ミニッツ イチヤカップ 無事終了!!

遅くなりましたが先月、10月21日(土)開催しましたイチヤカップの結果報告です


イチヤカップ


今回のクラスは、JSCC、GT、それとF1の3クラスです。


それでは、JSCCクラスから

予選トップはkoedaさん、2番手gotoさん、3番手はmiuraさん。

レースはBメインからスタートし2人が勝ち上がりとなります。

勝ち上がったのは、wakakiさんとtanakaさん。

決勝では、唯一40周越えのkoedaさんが優勝、2位yamaguchiさん、3位miuraさんという結果となりました。

< JSCC結果 >

1.koeda     41周 8:05.660  秒
2.yamaguchi   39周 8:02.170 秒
3.miura     39周 8:07.540  秒
4.wakaki
5.goto
6.tanaka
7.hama
8.sibukawa
9.nakagawa


イチヤカップ


< GTクラス >


予選トップはkoedaさん。2番手yamaguchiさん、3番手にはmiuraさんが入りました。

決勝Bメインから勝ち上がったのは、tanakaさんとwakakiさん。

決勝Aメイン優勝はkoedaさん。2位yamaguchiさん、3位にはgotoさんが入りました。


< GTクラス結果 >

1.koeda     42周 8:06.120  秒
2.yamaguchi   42周 8:03.500 秒
3.goto      41周 8:08.720  秒
4.miura
5.tanaka
6.wakaki
7.hama
8.nakagawa
9.sibukawa


イチヤカップ


そして最後はF1クラス。

F1クラスの予選はベストラップ方式としました。

トップはここでも強いkoedaさんが11.32秒! 2番手miuraさんが11.59秒。

そしてgotoさんが12.020で3番手に入りました。

決勝ではF1に強いmiuraさんが、2位koedaさんにコンマ3秒差で逃げ切り優勝しました。

< F1結果 >

1.miura    41周 8:05.450  秒
2.koeda    41周 8:08.920 秒
3.goto     39周 8:05.870  秒
4.yamaguchi
5.tanaka
6.wakaki

イチヤカップ


それでは、次回また、皆様のご参加お待ちいたしております。


イチヤカップ


Oisix(おいしっくす)
posted by ヘリオス at 00:21 | Comment(0) | レース&イベント
アフィリエイトのリンクシェアで、チャリティ活動
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28